どれくらいかかる?iPhoneの修理時間

時間を気にしないのなら、集荷依頼がおすすめ

iPhoneに修理が必要になったとき、どれくらいの時間が必要とされるのか気になりますよね。いくつかの方法によって、その時間は大幅に変わってきます。
もし外出できない事情がある場合や、Apple StoreやApple直販店が近くにないという場合は、インターネットや電話で症状を伝えると、スタッフの方が希望の時間帯に集荷依頼を出してくれます。時間帯にもよりますが、早ければ当日中に宅配業者が集荷しにきますので、あとは修理が必要なiPhoneを引き渡すだけです。長距離のお荷物の往復がありますので、修理には数日から一週間ほど必要になる場合があります。
また、スタッフの方の判断で交換という形になる場合もあり、この場合はすぐに新品のiPhoneが発送され、故障したiPhoneと交換で引き取ることができます。この場合もお住いの地域によって変わりますが、長くて数日待つことになります。

Apple Store、Apple直販店に持ち込むと早い!

普段使っているiPhoneが何日も壊れたままだと、重要な連絡が取れずに困ってしまうという方も多いはずです。そんなときには、Apple store、またはApple販売店に持ち込む方法をおすすめします。
ウェブページやアプリから予約を取ることができますので、都合がいい時間を選ぶことができます。注意点としては、混雑を避けるためになるべくはやめに予約を取ることが重要です。ストアが密集している地域の場合は、切り替えて空いていそうな場所を見つけましょう。
画面割れの場合、2時間から3時間ほどで修理が完了する場合が多いです。システムテスト後に本体交換が必要となった場合でも、直接受け取ることができるので、iPhoneの修理時間がもっとも短い方法だといえます。
修理にかかる時間は方法によって様々です。近くの店舗の有無などによっても変わってきますので、iPhoneに修理が必要になる前に検討しておきたいところです。