意外と知らない!iPhoneの修理方法

Apple store、Apple販売店に持ち込みでの修理

水没や画面割れなどは、少しの気のゆるみから起きてしまうことがあります。私も何度かヒヤリとした経験をしたこともありますが、そんなとき、お手持ちのiPhoneを修理する方法を知っておくだけで気の持ちようは変わってきます。ここでは、修理方法をいくつかご紹介いたします。
お近くにApple store、またはApple販売店がある場合、持ち込んで修理を依頼することができます。在庫があると、その場ですぐに交換してもらえることもあります。いつも使用しているiPhoneが手元にないと困るはずですので、少しでもはやく直したい方はおすすめです。注意しなければいけないことは、未成年者は受付してもらえないことがありますので保護者の方と行きましょう。また、バックアップも取っておかなければいけません。
もっとも手っ取り早く、かつスタッフの方と直に相談できるので、故障状況をうまく伝えることができる方法といえます。

販売店が近くにない場合:Appleに集荷依頼

もしお近くにApple store、またはApple販売店がない場合、Aplleのサイト、もしくは電話で修理の申し込みをすることができます。スタッフの方が利用者の都合のいい時間に集荷案内をしてくれるので、あとは宅配業者に故障したiPhoneを渡すだけです。注意点は、やや時間がかかるということと、ネットか電話での応対となるので、修理前に直接故障している箇所を見てもらうことができないということです。ですが、家にいながらにしてiPhoneを修理に出せるので、お忙しい方や事情があって外出できない方にはおすすめです。
以上、二つの修理方法をご紹介いたしました。いずれの方法でも、パソコンでバックアップをきちんと取ってから修理に引き渡しましょう。もちろん、バックアップも取れないほど故障してしまう場合もありますので、ふだんから定期的に取るようにしておくと安心です。